≫ EDIT

ウユニ塩湖で日の丸を振る

 「日本人はどうして国旗を身につけない?」
ときかれたことがある。
インドの旅行代理店の人だった。
 「ぼくは世界中の国旗のコレクションをしている。
 たいていの旅行者は、
 バックパックに国旗を挿したりワッペンを貼ったりして、
 自分の国籍か一目でわかるようにしているから、それをもらうんだ。
 アメリカ、ドイツ、中国、韓国、オーストラリア・・・
 でも日本の旗だけが無い。
 日本人はぜったいに国旗を持ち歩かないからだ。
 国旗は国の誇りだろう?
 どうして日本人は自分の国の旗を誇らないんだ?」

それは複雑な歴史の象徴だからだ。
日の丸と君が代はいつでも論争の的だからだ。
私も国旗を持ち歩いたりしない。
日本で、日の丸を身につけて歩いたりなんかしたら、
ちょっと特殊な団体の人だと思われてしまうだろう。

だけど、一度だけ。
一度だけ日の丸を大きく振ったことがある。
ボリビアのウユニ塩湖でのことだ。

塩湖のホテル前には世界各国の旗が用意され
記念撮影ができるようになっている。
チリ人はチリの
ブラジル人はブラジルの
韓国人は韓国の旗を掲げ
誇らしげに写真を撮っていた。

 「あなたは旗と写真を撮らないの?」

チリ人の友達に声をかけられ
・・・私も撮るか。
と腰をあげた。

だが実際に日の丸を前にすると大きなためらいがあった。
学生時代、先生から、日の丸は罪深いものであり
君が代が鳴っても立たなくてよろしい、歌わなくてよろしいと言われて育ったからだ。

それでもいつだって
オリンピックの表彰台に日の丸がのぼると感動した。
問題を抱えているとはいえ、
日の丸は世界が認めるこの国の旗であり
今のところ日本は他に旗をもっていない。
これが自分の国のマークだということは、
旅をしてみれば、みんな肌身で感じると思う。

友達から手渡された旗は
意外なくらいずっしりと重かった。
私は日本人であり
日の丸は
誇りも涙も、悲しく罪深い歴史の問題もすべてを抱きかかえた象徴だと思った。

それで私は日の丸を振った。

ウユニで日の丸

日本人であることから逃げてはいけない。

| ボリビア | 12:09 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

雨季のウユニ塩湖を目指す人へ

そろそろ12月。
冬の旅行に思いをめぐらせる頃となりました。
そこで今日は、「鏡張りのウユニ塩湖を目指す人へ」です。

ウユニ塩湖の中の宿・プラヤブランカについては以前に書いたとおり(『ウユニ塩湖に潜む現実』)。
この宿に泊まるんだと言ったときに、ある旅人から
 「長靴は必携!」
と教えられた。
夜はものすごく寒くて、水が冷えるから。
長靴がないと居てられないです、と。
さっそくウユニの市場に買いに行くと、
なんと値段が70ボリ(800円くらい)!
町の宿が1泊50ボリくらいなので
ホテル代より高価な長靴ってことになる。
30分くらい粘ったけど絶対にまけてくれなかった。

超高級長靴
(ごく普通のゴム長靴がホテル代より高いってどうなん)

ということで長靴は、
よその町で買ってから持ち込むか
他の旅行者から中古を売ってもらう

ことをオススメします。
ほんとに寒いから必用だとは思います。
日帰りツアーで昼間だけ、の方はビーチサンダルで大丈夫ですが。

塩湖にうつる星空を観たい方は、絶対に2泊以上したほうがいいです。
防寒着もしっかり必用です。
あとはこちらの記事をご覧ください。

雨季のウユニ
(by ViviCam5050)

ウユニ、もう一回行きたい!!!

ウユニ行きたい方は1クリック!
べつに…って方もせっかくなんで1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

過去記事もどうぞ。
ウユニ塩湖への行き方
トイカメラで撮るウユニ塩湖写真
ウユニの夕暮れと日の出 
ウユニ塩湖を文章であらわしてみる

| ボリビア | 13:28 | comments:5 | TOP↑

≫ EDIT

ウユニ塩湖を文章であらわしてみる

しばらく前に行ったアンケートで
こんなリクエストを頂きました。

 「ウユニ塩湖へいきたいです。つれていってください。」

うーん。
無茶言うわー。

と思っていたら
違う方から、こんな質問も。

 「ウユニ塩湖の写真は、足は湖に浸かったまま撮るのですか?
  どの位の広さの所なのですか?
  広さは、行ったことがないとなかなか伝わらないですよね。
  後、匂いとか、味などは?」

ということで。
書いてみました。
ぜんぜんムリだと思いつつも
文章であらわしてみたウユニ塩湖。

≫ Read More

| ボリビア | 17:15 | comments:9 | TOP↑

≫ EDIT

ウユニの夕暮れと日の出

しつこくウユニ。

uyuni-hiru.jpg

塩湖の写真はこれで最後。

≫ Read More

| ボリビア | 23:27 | comments:5 | TOP↑

≫ EDIT

ウユニ塩湖への行き方

質問が出たので、ウユニへの道について。

南米はバスが発達しているため
僻地ウユニへも、あちこちの町から直行バスが出ている。
ウユニの町へ入るルートはいくつもある。

・ボリビアのほかの都市(ラ・パスなど)から入る
・アルゼンチン北部から入る
・チリ北部から入る(私はこれ)
など。

日本→ラ・パス→ウユニ
が一番簡単そう。


uyuni-machi.jpg
(ウユニの町にターミナルはなく、バス会社がずらっと並んでいる
by POCKET DIGITAL CAMERA SQ30m)

ウユニの町から塩湖までは、車で1時間ほど。
公共の交通手段はなく
一般的にはツアーを使う。
いわゆる現地ツアーだ。
塩湖のみの日帰りツアーはもちろん
長い日程の中にウユニ塩湖が組み込まれているもの、
ウユニ経由で国境を越えてチリやアルゼンチンに抜けるものまで、いろいろある。

だがツアーでは、塩湖にいられるのはせいぜい半日。
朝遅くに着いて夕方には帰る。
5,6時間かな。

私にはぜんぜん足りなかった。

それでもう一回、行くことにした。

「アタカマ発ウユニ行き」ツアーが終了し、ウユニの町で解散した直後、
ブリサ・ツアーという旅行会社を訪れて
 「塩湖に泊まりたい」
と言ってみた。
ウユニ塩湖のど真ん中のホテル、プラヤ・ブランカに泊まりたい。
いつでもいいから空いている日はないか?
すると
 「OK!」
ふたつ返事で引き受けられてしまった。
 「いつでもいいよっ!
  今夜泊まる?」
え、えっと、明日でいいです・・・。
 「明日ね、OK!
  料金は55USドル!」
高い。

旅行会社を通さず、直接プラヤ・ブランカまで行けば一泊20ドルという噂だった。
だが、個人では、湖の真ん中まで行く足がない。
ドライバーを探してスペイン語で交渉する・・・なんてスキル、私にあるわけがない。

旅行会社の代金には往復ジープと食事代が含まれている。
ちなみにツアーの料金はシーズンによって変わり、値切ることもできた。
もっと値切るべきだった・・・。

ウユニの街角で
(ウユニの町 by ポケデジSQ30m)


その夜はウユニの町中に宿をとった。

Hotel MOSO(2011年3月時点)
シングル 40~50ボリ(1ボリ=約11円)
ダブル  60~70ボリ
Wi-Fiなし
部屋のタイプはいろいろ、値段は要交渉
トイレ・ホットシャワー付き。
ただしお湯は夜7時から3分間しか出ない。早い者勝ち!


読んでくれてありがとう。
クリックしてもらえると励みになります。
明日は、ウユニの夕暮れと星と日の出について、です。
 ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ボリビア | 19:32 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

トイカメラで撮るウユニ塩湖写真

雨季のウユニ塩湖に集う日本人は、
かなりの確率で一眼レフカメラを持っている。
なるべく良いカメラと
なるべく大きな望遠レンズ。
そのほうがより美しい「鏡」を撮ることができるのだろう。

だけど私はトイカメラ。
(トイカメラについては右下部分の『トイカメラについて』をお読みください)


Vista Quest VQ1015 R2

お気に入りのVQ1015 R2は機嫌が悪かったらしく、ぜんぶで3枚しか写っていなかった。

ウユニの青空 by VQ1015 R2
(青空)


ウユニの夜明け by VQ1015 R2
(夜明け)


Viviter ViviCam5050

去年の旅にも持っていったviviCam。
自然を撮るのは苦手かなと思っていたけど
ウユニではちゃんと働いてくれた。

遺跡や自然を撮るとき
「人間が写り込まないように」さけて撮る人も多いけど


by ViviCam5050


私はちょっとくらい人間の影のあるほうが好き。
寂しいから。


by ViviCam5050


by ViviCam5050
(夕焼け)


by ViviCam5050
(雨雲)



uyuni-hotel.jpg
(遠くに見えているのは、湖の真ん中にあるホテル)



VQ1015 R2
(日没後)


撮影日:2011年3月


ウユニ話はまだ続きます。
「見たよ」の印に、1クリックよろしくお願いします!
 ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ボリビア | 19:43 | comments:6 | TOP↑

≫ EDIT

到着、ウユニ塩湖!

アンデス越え・ウユニ塩湖行きツアー(6)

ウユニ塩湖、それは憧れ。
ウユニ塩湖、それは幻。
ウユニ塩湖、それは・・・幸運な夢。

湖が空をまるごと映し出す絶景、『鏡のウユニ』は
自然の気まぐれに大きく左右される。
湖は雨季にしか現れないし
雨が多すぎても
少なすぎても見られない。
多分に運が必用なのだ。

アタカマ村を出て3日目、3月1日。
これからウユニへ向かうという朝、私は
 「『鏡』を見られるのか?」
という期待と不安で胸がいっぱいいっぱいになり
心臓がドキドキするあまり
もしかして高血圧で倒れるんじゃないかと
本気で心配するくらいだった。
ツアーが初めて時間通りに出発したのは
メンバー全員が同じ思いだったんだろう。

ウユニの町からしばらく走ったところでジープが停まった。
私達はついに到着したのだ。
ついに・・・
ついに・・・
ついに・・・!

運転手「はい、ここ、列車の墓場ねー。観光時間は30分ね」

列車の墓場

 「いいから早く塩湖に行こうよ!」

塩湖のツアーにはな必ず、この『列車の墓場』観光がくっついてくる。
はっきりいって、それどころではない。


ここからさらに数十分。
今度こそ本当に、湖のほとりに到着した。
誰かが叫んだ。
 「水がある!」
だが、まだダメだ。
岸に近いところはあんまりきれいじゃない。
まだ鏡は見られない。

ジープは湖に突っ込み、走りはじめる。

ウユニを走るジープ

雨がたまってできた湖は、水深10センチほど。
水たまりと言ってもいい。
それが100キロ先まで・・・この世の果てまで続いている。
広大すぎて目がくらくらする。

くらくらしていたら、チリ人のマリの叫び声が聞こえた。

 「 シエラ!(空だ!)」

私たちはすでに『絶景』の中にいた。

ウユニでのファーストショット

マリの言う通り。
そこは空だった。
上も下も、右も左も空だった。
私たちは車ごと空に浮かんでた。

気がついたら、泣いてた。
なんでかわからないけど
涙があとからあとから勝手にこぼれてくるのだった。
運転手のサンチャゴが
 「ねえ、きれいだろう?」
って微笑みかけてきた。

ああ、その通り。
その通りだよサンチャゴ!

私、仕事を辞めてよかった。
旅に出てよかった。
南米に来てよかった。
生きてきてよかった。

世界はこんなに美しい。


・・・明日はもっときれいな写真を載せます。
 ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ボリビア | 22:08 | comments:6 | TOP↑

≫ EDIT

空に浮かぶ不思議な山

アンデス越え・ウユニ塩湖行きツアー(5)

ツアー2日目。
昼ごはんのあとで
ドライバーのサンチャゴが
 「さあ、ウユニへ行くぞ」
と宣言した。

・・・ウユニ!

それは単なる地名じゃなかった。
ツアーの終点であり
目的地であり
何より私の夢だった。
写真で一目惚れしてから
ずっとずっと行きたかった、夢の場所。
空と水の絶景。
ウユニ塩湖。

 「うおおお、待ってろよ、ウユニいいいい!」

興奮したのは私だけじゃない。
チリ人たちもみんないっしょに雄叫びをあげた。

 「ヴァモス(行こう)!!!」

しかしウユニは遠かった。
何時間もジープでガタガタ揺られるうちに
みんなぐっすり寝入ってしまった。

どれくらい眠ったのだろう。
目が覚めたとき
風景は今までと変わりない砂漠だと思った。

だが・・・何かがおかしい。
何かが変だ。
地平線に目を凝らすと
山が、浮かんでいた。

浮かぶ山
(浮かぶ山)

どうやら寝ぼけているらしい。
目をこすり、しばらく考える。
それでも景色は変わらない。
山が宙に浮いている。
なんで山が・・・。
山?
いや、島か?
ああ、そうか。
蜃気楼だ。
水平線に蜃気楼が浮かんでいるのだ。

・・・水平線?

 「ねえサンチャゴ、もしかして?」

声をかけると、運転手はごくフツーに

 「うん、あれ、サラル(塩湖)」

と顎で指した。

つまり・・・宙に浮かんでいる不思議な山は
ウユニ塩湖の蜃気楼に浮かびあがった島だったのだ。

南北100キロ、東西250キロにも及ぶドでかい湖の一端に
私達はようやくたどり着いたということだ。

 「塩湖キターーーーーーー!」

と、みんなで盛り上がったのも束の間。

 「サラルに行くのは明日だから」

あっさり却下された。
うそつきツアーのくせにスケジュールというものが存在するらしく
町で一泊してから
明日の朝、塩湖に行くのだと申し渡された。


明日はやっと、ウユニ到着編です。
1クリックもよろしくお願いします!
 ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ボリビア | 22:32 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

嘘だらけのツアー

 「行くぞ、ウユニ塩湖へ!」

アタカマ村発ウユニ行きのバスを探していると
安価な直行バスのほかに
2泊3日のツアーも催行されていると知った。
四駆のジープでアンデス高地の湖めぐりをしながらウユニへ向かうらしい。

しかし、このツアー。
評判が悪い。
めちゃくちゃ過酷だという。

 「英語がまったく通じない」
 「トイレに行けない」
 「全員が高山病にかかる」
 「食事もロクに出ない」
 「水もない」
 「眠れない」

どんなけやねん。
死んでまうやん。
行ってみたいやん。

早速ツアーを出している旅行代理店を訪れる。
応対したのはえらい調子のいいことばかり言うおっさんだった。
噂について尋ねると、おっさんは豪快に笑った。

 「何を心配してるんだ?
  これはちゃんとしたツアーなんだよ」

以下、おっさんが私に話したことの抜粋。

 ・ジープの運転手は英語がペラペラ
 ・3~4時間ごとに水洗トイレに案内する
 ・標高3千メートルくらいだから高山病にかかることはほとんどない
 ・食事は豪華
 ・ホテルは個室を用意できる

絶対ウソやん。
バレバレやん。
でも、
行ってみたいやん。

旅行会社の壁には近辺の地図が貼ってあり
「標高3千メートル」なんて一目で嘘だとわかってしまう。
私は大笑いした。
おっさんも一緒に大笑いした。
・・・おっさんは何を笑っていたのであろうか。

おもしろそうだから
このツアーに参加することに決めた。


梅雨ダレしている私に書くチカラをください!
ツアーの実態が知りたい方は1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| チリ | 16:18 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

ウユニ塩湖に潜む現実

話が戻るけど、ウユニ塩湖の宿泊施設について質問があったので書いておきます。

塩湖から少し離れた所には町があるし
湖畔にもきれいなホテルがある。
だけど、湖の中の宿は1軒だけ。
それが「プラヤ・ブランカ」…塩でできたホテルだ。
塩のブロックをつみあげて壁をつくり
テーブルもイスもベッドもぜーんぶ、塩。
泊まってると日帰りの人たちがわらわらと見物にくる。
勝手に部屋を覗かれる。
けっこううるさい。


塩のテーブルと椅子

だがこの「プラヤ・ブランカ」の名物は
塩でできてることじゃない。
日本人である。
宿泊客の9割が日本人パッカー。
日本人は雨期の「鏡のウユニ」が好きだから
それこそ南米中から集まってくるのだ。
いったい何十人いたんだろう。
人酔いしそうなほどだった。

「プラヤ・ブランカ」がどうして日本人御用達の宿になったかというと
「地球の歩き方」にはただ「環境に配慮して設備は最低限」としか書かれていないのに
日本人以外の旅人がつかうガイドブック「ロンリー・プラネット」には
「あんなホテルには行くな」
と書かれている(らしい)のだ。

水もない。
電気もない。
こんなところ、日本人しか泊まらない。

なにしろトイレがものすごい。
旅のベテラン達がみんなすごいって言うんだから
日本人宿としてはきっと世界一汚いトイレなんだろう。
水洗トイレの形をしているが
水がないから流すこともできない。
ひたすら前の人のうえに足していく。
便座のあたりにはカビとか得体の知れないものとかがカラフルな模様を描いている。
灯りのない真っ暗闇な夜にこのトイレに行くのはほとんど肝試しだ。

水も電気もない(つく部屋もある)プラヤブランカは、下手をするとベッドもない。
ツアー会社を通して予約をするのだが
人数管理なんかハナからする気がないらしく
来るもの拒まずで全員を受け入れ、泊めてしまう。
もちろんベッド数には限りがあるので
あふれた人は2人で1つのベッドを使うことになる。
最悪、地べたにマットレス。
安くはない料金を払っているのに、これはちょっとないだろうと思う。
(旅行会社を通し送迎などを含めて1泊2日で50ドル。
延泊は1泊20ドルくらい)

宿

そのうえこの宿には強盗が来る、らしい(情報ノートに書いてあった)。
銃をもってる強盗だとか。
助けを呼んでも絶対にだれも来てくれない所だし
金持ちの日本人が固まってるし
強盗が入りたくなる条件は揃っていると言える。
ついでにこの宿には宇宙人も来る、らしい(これも情報ノートに書いてあった)。
私はどっちも会わなかったけど。

最高の立地と最低の設備を誇るプラヤ・ブランカ。
ウユニ塩湖で星を見た人は
こんな宿でちょっと頑張った人なのだ。

キレイはキタナイ。
キタナイはキレイ・・・。

キャプテン島と命名
(ウユニ塩湖で島を発見したキャプテン)

※雨期のウユニ塩湖に持っていったほうがいいもの
 水
 トイレットペーパー
 おやつ(朝ご飯が足りない)
 長靴
 懐中電灯
 サングラス・日焼け止め
 ひまつぶしの道具(することないから)



電気なんかなくてもかまわない。
星明かりさえあればいい。
それが日本人の心意気!
心意気でブログランキングに参加しています。
応援の1クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ボリビア | 13:03 | comments:7 | TOP↑

≫ EDIT

天空の世界。ウユニ塩湖 写真

大変時間がかかりましたが
ようやくウユニ塩湖の写真を載せられます。
言葉が役に立たない世界ですが
邪魔な言葉を綴らずにはいられませんでした。

塩湖にはジープでしか入れない


たくさんあるので追記に載せていきます。

≫ Read More

| ボリビア | 02:32 | comments:12 | TOP↑

≫ EDIT

鏡ばりのウユニ 1枚目

ネット僻地ウユニをやっと脱出しました!
とりあえず今日は時間がないので1枚だけ。
明日はがんばってUP します!

鏡のウユニ 1枚目


不思議な世界!に
1クリックおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ボリビア | 05:51 | comments:8 | TOP↑

| PAGE-SELECT |