地球の迷子

Tagイースター島 1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

キャプテンの旅 チリ・アルゼンチン編

旅は道づれ、世は情け。私の旅の道づれはこのブログには何度も登場しているレゴ人形の「キャプテン」だ。今年は子分の雪次郎も連れていきいろんなところで写真を撮った。土産物屋で記念撮影をする(左・キャプテン、中・モアイ、右・雪次郎)生モアイに感動するペンギンに見つめられるイグアスの滝の前でポーズをとるサボテンと戦う写真を撮るのはちょっと恥ずかしい。まわりの人に見つかって 「何やってんの?」と、覗き込まれる...

  •  6
  •  -

イースター島の猫

イースター島は楽園のようなところだった。あたたかくて美しくて人がみんな親切で。こんなに幸せでいいのだろうか?しっぺ返しがくるんじゃないだろうか?そんな不安にかられるくらい。夢見心地で歩いていたら、猫に出会った。昼間はずっと暑いから夕暮れ時になってようやく活動を開始したらしい。だが、活動を開始したのは猫だけじゃなかった。犬に噛まれたのはこの写真を撮った直後だった。幸せのしっぺ返しはすぐに来た、と思っ...

  •  3
  •  -

犬に噛まれた!

私は動物が好きだ。猫派だけど、犬も好きだ。隣家のわんこがいくら吠えたってうるさいと感じたことがないほどに。(可愛い犬もいる)でもそれは、日本での話。南米に来てからというものすっかり犬嫌いになってしまった。あれはもう2ヶ月も前のこと。旅をはじめて1週間と経たない頃のことだ。イースター島で夕暮れを見た。モアイの後ろに夕日が沈んでいく。きれいだった。ロマンチックだった。いい気分で帰路についた。暗くなる前に...

  •  4
  •  -

イースター島ってどんなとこ?

No image

真っ青な大海と真っ青な大空のはざまにぽっかりと浮かぶ不思議の島。それがイースター島だ。火山と溶岩でできていて薄い大地に乾いた草木がいっしょうけんめい根をはっている。空には小さな鳥がいっぱい飛んで溶岩のあいだには小さな花がいっぱい咲いてる。村はひとつだけ。村で暮らす人々は、背は高くないが筋骨たくましく、実用的で美しい体つきをしている。誰でも目があうと 「オラ!」と穏やかな微笑みをくれる。ときには、ち...

  •  2
  •  -

画像について

今回の旅には4種類のデジカメを持ち歩いていますがパソコンは持ってきていません。iPodを宿のWi-Fiに接続しています。ネットカフェにいかない限りデジカメ画像をブログにUPできません。画質の悪い画像はiPodだと思って勘弁して下さいね。iPod + cameraman(トイデジアプリ)...

  •  0
  •  -

イースター島

・・・私を乗せた飛行機は、楽園に着陸した。乗客みんながそう思ったに違いない。空港がもうすでに、ゆったりした南国時間に包まれていた。椰子の木とハイビスカス。歓迎の花輪。案内された宿では軒先で風鈴がゆれている。荷物を置いて一服してから、教えてもらったサンセットポイントに向かう。ゆっくり歩いて30分ほど。ここでは急ぐことなんてできない。走ることなんてできない。時間が、雲より早くは流れないからだ。馬と犬と...

  •  8
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。