≫ EDIT

長野で出会った猫さんと犬さん

長野では、探すまでもなく猫によく出会った。

安曇野の大王わさび農場にいた猫さん。

大王の猫
(軽トラの上でお昼寝)


温泉『ファインビュー室山』には敷地に入るずいぶん前から
 「猫がたくさんいるので車の走行に注意」
みたいな看板がでている。
暑い昼間だったけど、駐車場の車の陰で3匹ごろごろしてた。

ファインビューの猫1

ファインビューの猫2
(めっちゃひとなつこい)


朝早くから松本城をみにいったときにも、猫がいた。
猫と遊んでたら、ご近所のお爺ちゃんが声をかけてきてくれた。
ずいぶんお年の猫さんなんだって教えてくれた。

松本城ちかくの猫さん

私はこれから山へ行くんだって言ったら、お爺ちゃんはアドバイスをくれた。
 「今年は遭難が多いから、間違っても槍なんか登っちゃいけないよ」
槍!
って槍ヶ岳!?
そら無理やわ!

そうそう。
大王わさび農場では、犬さんとも出会った。
 「わさびを育む清水に足をつけてみてください」
というコーナーで。
足どころか体全体を浸けていた。

いぬさん
(彼の名はゴロー)

その水、冷たくない?
ってきいたら
 「冷たくないよ!」
とシッポをふって、また浸かりなおした。
だいぶ気に入ったみたい。
暑いもんね。

| 長野県(松本・安曇野・乗鞍岳) | 11:10 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

弾丸! 萩・秋芳洞の旅(2) 間違えた昼ごはん

松陰神社から自転車こいで萩の城下町を見学。

萩は、白壁の美しい町で

萩の街並み1


もちろん萩焼の町で

萩の街並み2


維新の志士ゆかりの地で

誕生の地


歴史をバンバン感じちゃう町で

大門


そして何より、暑かった・・・。

やっぱりひとつトシとっただけのことあるわ・・・。

おばちゃん、もうだめです・・・。

萩にゃんこ
(萩で唯一活動していたにゃんこ)

汗だくのボトボトで自転車をかえしにいったら、
貸自転車屋のおばちゃんの顔に
 「この炎天下に物好きな」
って書いてあった。

暑すぎて疲れたので昼ごはんを食べよう。
萩の名物って何?
え、海鮮?
え、ウニ丼?
ええっ!
3000円?
なにその値段。
6500円の深夜バスに乗ってきてるのにランチで3千円とか無理でしょう。

暑いからもう

s_夏みかんソフト

夏みかんソフトでいいよ!

ということで、ランチはソフトクリームでした。
おいしかったけど。
なんか間違えてる気がした。

次いくときは、レストランチェックしてから行きます。

| その他 | 22:49 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

弾丸!高知県の旅(8) 中土佐町のマスクマン

久礼の町で、妙なものを見つけた。

選挙ポスター?

鰹則さんのポスター

誰!?

何?

カツオマスクマン?

何事?


ってよく見たら、中土佐町のキャラクターだった。

鰹則・鰹美・鰹王と3人もいる設定。

マスクマンのマスクマネキン

ブログもあるらしい。
鰹則さんはすでに「捌かれちゃったので休止」しているが、なかなかいいノリだ。
鰹美ちゃんのブログは継続中。
2人とも鰹祭りなどで活躍しておられるしい。

ご当地キャラって可愛いゆるキャラが多いけど、ヒーロー系もいいよね!
濃いっていうか。
熱いっていうか。
地元愛が素敵。
よくわかんないノリも素敵。
会ってみたかったな~。
会ったところでリアクションに困るけどな~。


さて、カツオマスクマンには出会えなかったけど
可愛い猫さんには会えました。

R0016781_20130604225228.jpg

漁港だけあって、猫がたくさんいる町でした。

| 弾丸・高知県 | 22:55 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

弾丸!高知県の旅(4) 竜串の猫

フナムシの大群にびびって竜串海岸をあとにした私。
お土産屋のおばちゃんが声をかけてきた。
 「安いよ安いよ!
  サンゴ買っていきな!」
見ればサンゴの飾りを売る屋台が3軒ほど並んでいる。
もともと竜串海岸はメジャーな観光地ではないし、今日は平日だからかなりヒマそうだ。
けれど私は弾丸旅行者。
土産を買ってる時間なんかない!
振り切って通り過ぎようとしたとき、おばちゃんの、この一言。

 「猫も買っていきな!」

猫!?

R0016727.jpg


うわ、ほんとだ!
猫いる!
いっぱいいる!

R0016719.jpg


 「10匹もおるでよ!
  おばちゃんがえさやっとる」

かわいいな~。
名前とかつけてるんですか?

 「名前はない。
  黒いのはクロちゃんや」

さよですか。

R0016718.jpg
(クロってよばれてる)

R0016726.jpg
(だいぶ自由な感じ)

R0016732.jpg
(「竜串へ来てくれてありがとにゃー」)


さんざんっぱら猫と遊んでたら、おばちゃんが叫んだ。

 「猫もいいけど、サンゴも買っておくれ~!」

・・・えっと。買います。

| 弾丸・高知県 | 09:22 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

たった1日だけの旅(5) ワット・アルンからの眺め

ワット・ポーの次は、川をはさんだ向いにあるワット・アルンを訪れるのが定番だ。
色とりどりの陶器でかざられた美しいお寺。

ワット・アルン

季節はちょうど旧正月。
お寺の石像たちは、赤く可愛いリボンをつけてもらっていた。

えっへん

 「えっへん!」
 「似合うだろう?」

リボンがかわいい


ちなみに、川岸の偉そうなひとの立像には、
リボンではなくなんか違うものが飾られていた。

頭のうえになんかいる

・・・頭のうえになんかいる・・・(クリックで拡大)


ワットアルンの塔の上からは、チャオプラヤ川ごしにワット・ポーを望むことができる。

ワットアルンからの眺め

・・・この後ろ姿。
皆さん、覚えていらっしゃいますか?


キャプテンです!

キャプテン@ワット・アルン


こぶんも一緒です!

こぶん


にゃんこもいます!

にゃんこ

でも・・・猫の数、少なかった。
ワット・アルンは猫の名所のはずなのに。
こんなの初めてだ。
ちょっと残念。
時間帯かな?

| タイ・たった1日だけの旅 | 22:27 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

オーストラリアの猫

オーストラリアは白人文化の国だから、犬好きが多い。
巨漢のおじさんが巨大な犬を散歩させていて
 「そっくりだねえ」
なんて光景をよく見かける。
一方で、野生動物保護にも力を入れているから、いわゆる「放し飼い」には厳しい法律がある。
リードをつけずに家の門から30センチでも出ちゃったら、即罰金。
数万円も払わされるのだとか。

その点、猫は、わりあい放置。
猫派が少ないから、猫の数そのものも少ないのだけれど。
飼い猫も
 「子供をかみ殺したりしないから」
と、自由きままにナワバリを歩いてる。

オリー1

彼の名は「オリー」。
家のすぐ近くの公園を、走り回っていた。


オリー
(オリーはワイルドな猫なんだぜぇ~)

田舎だから自由でいいなあって思うんだけど。
やっぱり迷惑をかける猫さんもいて、たまに「ポッサム捕り」の罠で捕まえられてしまう、こともあるんだそうな。



2匹目は、クイーンズランダーっていう、由緒あるお家に暮らしている猫。

猫1

猫2

彼は、犬とニワトリと女の子と一緒に暮らしてる。
幼稚園児がいっぱい遊びに来ると逃げ回ってた。


最後に、妹の家の猫。
ヒナちゃん。
ふっかふかの猫。

ヒナちゃん2

ヒナちゃんの趣味は、水遊び。
よくプールサイドに座って、水面をピチャピチャはねとばして遊んでた。

ヒナちゃん

極楽、極楽。

| オーストラリア(妹ん家) | 10:56 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガラパゴスの猫(2)騒がしい隣人?

朝ごはんを食べに入った食堂に、猫がいた。

食堂の猫


可愛いトラ猫さんだ。

食堂の猫2


朝の巡回に出かけるらしい。

食堂の猫3


あとをついて行くと、

猫の隣りにアシカがいた。

猫とアシカ

ふたりはちょっと目を見交わして
挨拶しているみたいだった。
・・・ああ、ガラパゴスだなあって思った。

アシカは、道を通りかかる犬にもよく吠えてたけれど
猫にはなんにも言わない。
黙認しているように見えた。

猫もアシカが平気らしい。
 「臭くて騒がしい隣人」
くらいに思っているんだろう。
とはいえ猫は「外来種」だから
ここでは歓迎される存在ではないはずだけれど。
町の人は可愛がっていた。

1日1クリック、ありがとうございます!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| エクアドル | 10:08 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

ガラパゴス諸島の猫その1 イサベラ島の美形ねこ

ガラパゴス諸島は大陸から隔絶された島だ。
隔絶されているからこそ
生き物たちは独自の進化をとげてきた。

猫は人間とともに入ってきたはずだから
ガラパゴスに住みはじめた歴史はまだ浅いはずなんだけど・・・。
でもこの子、かなり独自に進化した顔してるわ・・・。

イサベラ島の猫のいる家

イサベラ島の猫

異国情緒な猫の顔に免じて、
1クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| エクアドル | 11:58 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

リマで猫バカと出会う

朝、大都会リマの片隅で、おもしろい顔の猫さんとあそんでいたら、

 「猫、好きなのかい?
  こっちにたくさんいるよ」

出勤途中のサラリーマンが、わざわざ足を止めて、裏の倉庫に案内してくれた。

リマのねこ

にゃーん。
にゃーん。
にゃーん。

 「ぼくも猫が大好きなんだ~」

おじさんは、とろけたような笑みをうかべた。
この人も相当な猫バカらしい。

旅先で猫好きに出会うと、なんだかほっとする。
そこに言葉はいらなくて
ただ、いっしょに猫を抱き
 「可愛いね」
 「可愛いねえ」
目と目をかわせばほほえみがうまれるから。


リマのねこ2


・・・けれども。
実は私は、猫アレルギー。
ゆうべ寒かったので、うちの猫2匹といっしょに寝たら、喘息でちゃいました。
一睡もできませんでした。
それでも猫が大好きです。
困ったもんだ。

懲りない猫バカに免じて
1クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ペルー | 14:39 | comments:3 | TOP↑

≫ EDIT

カメラ目線の猫@ワラス

感じる。

視線を感じる。

誰かに見つめられている。

見られている。

誰かに。

誰かに・・・。

誰!?

「僕。ねこ。」

ワラスの猫



「そして、ボク。」

ワラス市場の猫



ワラスの猫さんはやたらとこっちを見ています。

猫もやっぱり外国人が珍しいのでしょうか。


・・・あ、視線はずした。

ワラス市場の猫 2


1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ペルー | 12:01 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

海辺の町、猫の町、パラカス

山よりも、海辺のほうが猫が多いのは
魚がたくさんいるからだと思ってた。
「猫の好物は魚」。
でもこれは、日本人の思い込みなのだそうだ。
昔の日本人が魚ばかり食べていたため、
肉食動物の猫も「魚好き」だと思い込んだのだと。

それはともかく、
パラカスはえらく猫だらけの町だった。

パラカスの猫


海沿いの食堂には必ず1、2匹見張っていて
いつでもスタンバイOK。


食堂のねこ


魚をあげるとやっぱり喜んでいた。


食堂の三毛


屋根の上にも

屋根ねこ


ベビーカーの中にまで猫がいる。

ベビーカーの猫


このとりあわせは、犬のお母さんと猫の子供……かもしれない。
お母さん、ちょっと困ってる。

パラカスの犬と猫

パラカスは、なんにもないけど
猫好きにはちょっといい町だ。


ブログランキング現在3位です。
1クリックで清き一票、よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ペルー | 08:50 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

博物館の猫

「博物館なんてつまらない。
 土器とか興味ないよ」

そんな人にも
『マリア・ライヘ博物館』はオススメだ。
すっごくオススメ。
なぜかというと


・・・猫がいるから。


博物館のねこ 1



・・・2匹もいるから。



博物館のねこ



展示物そっちのけで、ずーっと猫を眺めていたら

「あんた何しに来たの?」

と言われた。

・・・わたし、どこへ行っても、世界中でそう言われてる気がする。


2階建て

入場券売り場のブースですが
ただの「猫入れ」になっていました。


なんかちょっと手抜きな記事だなって思った方も
猫可愛いからべつにいいやって思った方も
どちらさまも1クリックお願いします!
次回はちゃんと書きます。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ペルー | 11:37 | comments:8 | TOP↑

≫ EDIT

ピサックの猫

ペルーの田舎町、ピサックで
子猫の兄弟をみつけた。

黒いほうは毛づくろいに忙しそうだが


うつらうつらしてたら


白っぽい猫は、とっても眠たそう。

うつらうつらしていたら、

コケた。



コケた


そして

こんがらがった。


こんがらがった


黒い猫はとっても迷惑そうだ。


ピサックのおばちゃんと猫


そこへ・・・子供がやってきた。


仲良くしなさい


男の子は楽しそうに遊んでいたのだけど

子猫たちは走って逃げてしまった。


ちょっと離れたところから、


お母さんかも


お母さん猫が心配そうな顔で見つめていた。


子猫に免じて1クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ペルー | 15:31 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

コパカバーナの無愛想な猫

チチカカ湖のボリビア側、コパカバーナはすっごく良いところだって聞いていた。
 「物価は安いし、のんびりできるし、サイコー!」
まあたしかにシングルが1泊200円で泊まれるのは魅力だろう。
やることが何もないから、のんびりするしかない。
白人パッカー向きのお手軽リゾート地だ。
日本人には、ちょっと、いやかなり、ヒマ。

チチカカ湖はたしかにきれいだけど、まあ、瀬戸内海みたいなもんだ。

逆光のチチカカ湖 by ViviCam5050
(by ViviCam5050)

ただ、何匹もの猫に出会えたときは狂喜した。
ポトシやラ・パス、スクレなどの山岳部の都市ではほとんど猫を見なかったから。

猫だ!
猫だ!
猫さんだー!

copa-cat2.jpg
(愛想の悪い顔で素通りする猫さん)


copa-cat.jpg
(睨みつけるような眼差しでウンチをしている猫さん)

猫はクールなのがウリ・・・ではあるんだけど
できたら、もちょっと、
相手してくれる猫さんに出会いたかった、かも。


真面目な顔で頑張ってる黒猫さんに免じて
↓ 1クリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


追記。
アンケートで書いていただいたご質問に答えしていきます。
まだ一部ですが・・・。

≫ Read More

| ボリビア | 19:18 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

こんな所に猫さんが!

私はいつも猫を探している。
無意識のうちに探している。

町でも
市場でも
裏路地でも
 「どこかに猫はいないかな?」
と目で探しながら歩いてる。
10年以上離れない、旅の癖だ。

そしてこの10年で一番驚いたのが
この猫を見つけた時だった。

sabakuneko0.jpg

砂漠に猫がいるなんて!

だだっ広い荒野を悠々と歩く。

砂漠の、しかも標高5000メートル近いアンデスの高地。

まさか・・・ワイルドキャットか!?


と、思いきや


sabakuneko2.jpg


飼い主のおじさんがいた。


砂漠のど真ん中にぽつんと建ってる・・・掘っ立て小屋で

猫とおじさんは暮らしている。

仕事のためとはいえ、砂漠に寂しく暮らすおじさんの

猫は大事なパートナーなんだろう。


sabakuneko3.jpg


おじさんは、鳥たちのためにパンを撒いていたのだが


sabakuneko4.jpg


ほとんど猫が食べてしまった。


たくましい砂漠猫に免じて1クリックお願いします。
 ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| ボリビア | 21:07 | comments:3 | TOP↑

≫ EDIT

にゃんこ・ザ・プロジェクト

猫が好き。
どうしようもなく猫が好き!

salta-cat (2)
(私のリュックのひもで遊ぶ子猫@サルタ)

salta-cat.jpg
(カフェの猫)

室内飼いより、お外で生きてる猫が好き。

猫が自由に、しあわせに暮らしている町は、旅がしやすい。
これは私の実感だ。


きのう、今こんなのがあるよって教えて頂いた。

『にゃんこ・ザ・プロジェクト』

宮崎県石巻市・田代島。
人間より猫の数が多い島。
「猫島」とも呼ばれる島だ。
今回の津波では猫たちも海にさらわれた。

『にゃんこ・ザ・プロジェクト』で集められたお金は
この島のカキの養殖と漁業、観光業、
そして猫のためにつかわれるという。

ブログ『田代島便り~震災後、猫の様子』を見たら
ガレキの上でじゃれあってる子猫や
魚をくわえている猫や
たくましく生きる猫たちの写真が載っていた。
彼らの隣りには、島の人たちのあたたかい手が見える。
・・・きっとここは、いい島なんだろう。

アフリカの友達や
チリのツアーメイトや
ボリビアでメッセージを書いてくれた人たちから
今でもときどきメールが届く。
 「大丈夫か、ハポン!」
 「くじけるな!」
そのたびに私はこう返してきた。
 「見ていて、日本はきっと立ち直る」
そうは言っても
私はほんとに無力だから。
だからせめて
猫が生き生きとくらせる島と
猫をたいせつにする人たちを
ほんのわずかでも
お手伝いができたらと思う。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| 旅の雑談 | 19:44 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

セレブ専用墓地と、猫

ブエノスアイレスにあるレコレータ墓地は
スーパーセレブ専用の高級墓地である。
ここで眠ることができるのは
大統領とか将軍とか、貴族とか大金持ちばかり。

recocat1.jpg

かの有名なエビータの墓もここにある。

エビータの墓

一つひとつの墓があきれるほどに大きい。
家くらいある。
住めるわ、ここ。
ということで、住んでいるのが、猫である。

recocat2.jpg

きちんと管理されていて野犬が入りこめないせいか
たくさんの猫たちが悠々と暮らしている。


recoreta (1)

墓には
やたらめったら大きな像だの
威勢のいい塔が突き立っていたりする。
お城と見紛うような建築まである。
死者の眠る城だ。
敷地の外にはまともな家すらもたない貧しい人々がいるというのに。
人間の見栄とは、芸術的で、滑稽で、ちょっと悲しい。

豪華なお墓よりも
故人を想う心があれば良いのではないでしょうか…。
1クリックよろしくお願いします。
 ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| アルゼンチン | 23:30 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

パタゴニアの猫

パタゴニアの田舎町、エル・カラファテで猫さんに出会った。
にゃおん!にゃおん!
と鳴いている。
家に入りたいのだろう。
だが、ドアの前には犬がいて、なかなか近づけない。

エル・カラファテの猫

 「あいつ、邪魔。」
と猫が言った。

・・・あはは、気の毒にねえ。
笑いながら宿へ戻ると、門の手前で野犬が吠え猛ってた。
怖くてなかなかドアに近づけなかった。
猫さんの気持ちがよくわかった。
「おうちに入れてー!」


南米の犬はほんと怖いです。
1クリックよろしくお願いします。
 ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| アルゼンチン | 20:40 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

サンティアゴの可愛いコ

サンティアゴの町をみんなで歩いていると
 「あっちに可愛いコがいるんだよ。
  かなり綺麗なんだ。みにいかない?」
と男の子の一人がいった。
 「おっ、いいねえ!」
 「いこういこう!」
男子たちは嬉しげだ。
わたしは、「え~・・・可愛いコをみにいくために回り道すんの?」
と思ったが、仕方がないのでついていく。

・・・すると。


可愛いコがいた。

たしかに可愛くて

綺麗で

めっちゃ好みなネコがいた。




 「可愛いな~」
 「綺麗だな~」
みんなもうメロメロである。
みんな猫好きなんだ。

バックパッカーって一般よりも猫好きの割合が高い気がする。
本来、猫は自由気侭な生き物だから
きっと似ているんだろう。

でも実際には、
猫は屋内というごく小さな世界でも暮らしていけるし、
そのほうが長生きするから幸せなんだって主張するひとも多い。
人間だっておんなじだ。
日本国内にとどまって安定した生活を送ったほうが安全には違いない。

だけど私は・・・私たちは、外猫だ。
汚くっても
ゴハンがまずくても
危険なのがわかってても
檻の中にはいられない猫。

窓ごしの猫はたしかに可愛かったけど
なんだかちょっと、せつなかった。


檻から出たいひとは1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| チリ | 11:07 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

イースター島の猫

イースター島は楽園のようなところだった。
あたたかくて
美しくて
人がみんな親切で。

こんなに幸せでいいのだろうか?
しっぺ返しがくるんじゃないだろうか?
そんな不安にかられるくらい。

夢見心地で歩いていたら、猫に出会った。
昼間はずっと暑いから
夕暮れ時になってようやく活動を開始したらしい。

イースター島の猫

だが、活動を開始したのは猫だけじゃなかった。
犬に噛まれたのはこの写真を撮った直後だった。

幸せのしっぺ返しはすぐに来た、と思った。



今回は猫の写真、いっぱい撮りました。
動物好きの方は1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

| チリ | 16:14 | comments:3 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT