≫ EDIT

旅行中の「壁ドン」体験(その2)

前にもどこかで書いた話だけれど。
10年ほど前、インド・コルカタ(カルカッタ)でのできごと。

コルカタの街角
(コルカタの街角)

ヤギの生贄で有名な、カーリー寺院(だったと思う)を訪れた。
私はひとりで見学したかったのに、おっさんが自動的について来た。
英語のうまいおっさんだった。
頼んでもいないのに勝手に案内を始め、勝手にぺらぺらと説明をしてくれる。
よくある『勝手にガイド商法』だと思った。
勝手にしゃべってたくせに帰り際に
 「ガイド代を払え」
といってくる手口。
相手をしなければ大丈夫。

でもちょっと違った。
帰り際、おっさんはガイド料ではなく
 「お布施を出せ」
といいだした。
渋っているとおもむろにノートを取り出した。
 「見ろ。ここを訪れた外国人はみんな寄付金をだしている、もちろん日本人もだ」
アメリカ人。ドイツ人。韓国人。日本人。
いろいろな国の旅行者がいろいろな筆跡で、いろいろな通貨を記していた。
だいたい5千円~8万円だった。
 「8万て!アホちゃうか!?」
思わず笑ってしまった。
 「払うわけないやん!」

おっさんの顔つきが変わった。
周りにいた男の人たちがおもむろに立ち上がった。
あれよあれよという間に、私は4人のインド人男に囲まれ、別室へと連れ込まれてしまった。
狭い小部屋では逃げる場所もない。
壁際に追いつめられた。
おっさんの不細工な顔が迫ってくる。
3人の男たちも背後から迫ってくる。
すごく臭かったのを覚えている。
おっさんは、壁に

 ドン!

と手をついて
 「払うのか!払わないのか!」
と迫ってきた。
 「払うかボケ!」
私はおっさんの腕をかいくぐり、男をつきとばして逃げた。
腕をつかまれたけど
 「払わない!払わない!」
と言いつづけたら解放された。
有名な観光地で、ドアのすぐ向こうには大勢の人がいたから、それ以上は追ってこなかった。

これが私の唯一の「壁ドンされた」体験です。

| インド | 11:13 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

旅行中の「壁ドン」体験(その1)

イスラエルはエルサレムでのごと。

エルサレム
(エルサレムの町)

泊まった宿が酷かった。
普通の部屋じゃなく、屋上に作りつけた「物置」みたいな部屋だった。
物置をベニヤ板で2部屋に区切ったみたいな。

隣室の音なんて筒抜けだ。
隣りのおっさんのオナラやゲップがバンバン聞こえてくる。
おっさんがトイレで小さい方をしてるのか大きい方なのかまで分かるくらいだ。
うるさくて仕方がない。

だがオナラやゲップやトイレの音はまだマシだった。
イタリア系だかフランス系だかのおっさんは、夜になると女の子を連れ込んだ。
うるさくて眠れやしない。

とはいえ夜だし、隣りはツインだし、一晩だけだからしゃーないって、思おうとしてた。
だが夜だけじゃなかった。
やっとのことでウトウトしてたら、突然、ガタガタとベッドが揺れて目が覚めた。
いやベッドだけじゃない。
部屋そのものが揺れている。
地震か!
と思って飛び起きた。
ら、隣室の女の子が
 「Oh,My god!」
とキモチよさそーに叫ぶのが聞こえた。
・・・地震じゃなかった。
安普請の物置だから、お隣さんが揺れると倉庫ごとガタガタ揺れちゃったのだ。
時計をみたら朝の3時半。
さすがに頭にきて、隣りとの仕切りのベニヤ板を

 ドン!!!!!!

蹴り飛ばした。
おっさんのわめき声とともに

 ドン!!!!

が返ってきた。
が、それ以降は静かになったので私は朝までゆっくり眠れた。

夜になると揺れるという「安宿あるある」。
これが私の壁ドン初体験です。

| イスラエル | 10:43 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャプテンの旅 安曇野・乗鞍岳編

今回の旅にもキャプテンを連れていきました。
子分は、ちょっと、頭が行方不明中・・・。


まずは安曇野。
わすれな草の匂いをかぐ。

キャプテンwith忘れな草


テーブルを見つけてまったりする。(キノコですが)

キャプテンキノコテーブル


バスで乗鞍岳頂上に達する。

DSCN6546.jpg


「やっほーーー!」

キャプテン やっほー


 「やっほーーーーーーーーーーーーー!」
こだまがかえってこないので残念がる。

キャプテン やっほー2


久しぶりに雪をみてテンションが上がり、思わず雪に突っ伏すキャプテン。

雪に突っ伏すキャプテン


ついに剣ヶ峰へ登頂。

キャプテン 登頂


そしてヘバる。

キャプテン 頂上にてへばる

| 集めてみた | 11:14 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

長野で出会った猫さんと犬さん

長野では、探すまでもなく猫によく出会った。

安曇野の大王わさび農場にいた猫さん。

大王の猫
(軽トラの上でお昼寝)


温泉『ファインビュー室山』には敷地に入るずいぶん前から
 「猫がたくさんいるので車の走行に注意」
みたいな看板がでている。
暑い昼間だったけど、駐車場の車の陰で3匹ごろごろしてた。

ファインビューの猫1

ファインビューの猫2
(めっちゃひとなつこい)


朝早くから松本城をみにいったときにも、猫がいた。
猫と遊んでたら、ご近所のお爺ちゃんが声をかけてきてくれた。
ずいぶんお年の猫さんなんだって教えてくれた。

松本城ちかくの猫さん

私はこれから山へ行くんだって言ったら、お爺ちゃんはアドバイスをくれた。
 「今年は遭難が多いから、間違っても槍なんか登っちゃいけないよ」
槍!
って槍ヶ岳!?
そら無理やわ!

そうそう。
大王わさび農場では、犬さんとも出会った。
 「わさびを育む清水に足をつけてみてください」
というコーナーで。
足どころか体全体を浸けていた。

いぬさん
(彼の名はゴロー)

その水、冷たくない?
ってきいたら
 「冷たくないよ!」
とシッポをふって、また浸かりなおした。
だいぶ気に入ったみたい。
暑いもんね。

| 長野県(松本・安曇野・乗鞍岳) | 11:10 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

乗鞍岳プチ登山(5)

剣ヶ峰の頂には小さな神社があった。

鳥居

鳥居のむこうの空には雲がわきはじめている。
・・・早く帰らねば!
この晴天もいつまでもつかわからないし
それになにより遅くなると
松本駅前のわさび屋が閉まってしまう!

きのう買いそびれた安曇野のわさびを、松本駅前の支店で買う。
それが私の使命であった。
乗鞍岳は
うん、
あの、
ちょっとした、寄り道?にすぎない。

今回の旅のメインは、あくまでも、そばとわさび

わさびを買うためには、閉店時間の6時までに松本駅に着かねばならず
そのためには、早いバスに乗らなくてはならず
そのためには、残り1時間で下山する必要があった。

私は、ダッシュで山を下りはじめた。

うおおおおおおおおお!

待ってろ、わさびーーー!

とはいえ、ダッシュしたのは気分だけ。
足元は、ゆっくりゆっくりだった。
砂利道や岩場で慌てたら、足を踏みはずして死んでしまう。

私は、のぼりのほうが好き。
下りはすっごく怖く感じる。
ゆっくりゆっくり安全に。
でもなるべく大急ぎで頑張った。

下りのほうが絶対こわい
(下り道)

・・・で、必死で下りているときに。
山頂で一緒になったお兄さんが、なんだかだと話しかけてくる。
どうやら私、ナンパされてるらしい、と中腹あたりで気がついた。
気がついたけど。
正直、それどころではない。
私の頭はわさびでいっぱい。

 わさび>>>>>>>>男

あのなー、うち今忙しいねん。
あと1時間でバスに乗らなアカンねん!!!!!
とか思いつつ、口では
「ええまあ」「はい」「へえー」
と、いい加減に答えてた。

そして、畳平まで下山した瞬間!
ちょうどバスが来た!
間に合った!!!!

 「いっしょに甘酒でも飲みませんか」

ほんま間の悪いやっちゃなー。
空気読めへんにもほどがあるでー。
 「ごめん兄ちゃん、また今度な!」
私は帰りのバスに飛び乗った。

山頂をあとに
(剣ヶ峰を見上げる)

3時間後。
私は松本駅に降りたった。
間に合ったことを神様に感謝しつつ、大王わさび農場・松本駅前支店に向かう。
心はウキウキと弾んでいる。

わ・さ・び!
わ・さ・び!
わ・さ・び!
わ・さ・・・

「本日閉店」

ココロの中でいっぱい泣いた。

本気で悲しかったので、気分転換に温泉に入ろうと思った。
駅から歩いて15分くらいのところに良さそうな温泉がある。
涙も汗も、熱いお湯で流してしまおう。

 「本日の営業は終了しました」

またかい!
たった2日で何回この看板みるねん!
どこまで同じオチが続くねん!
ってこれ誰にツッコめばいいねん!

汗くさいまま長距離バスに乗りたくないので、なんでもいいから風呂に入れるところを探した。
グーグルマップでは
 「スーパー銭湯」
と表示されていたけど、「きくの湯」はどうみても、懐かしい銭湯だった。
『テルマエ・ロマエ』の最初にでてきたみたいな昭和の銭湯。
黄色いケロリンの洗面器つかってた。
おばちゃんたちとまったりなごんで、フルーツ牛乳を飲んで。
いいお湯でございました。

きくの湯
(長い一日のようやく日が暮れた)


晩御飯は、駅前の店で「山賊焼き」。
焼き鳥かと思ってたらカツだった。
おいしかった!

山賊焼き

食後にコーヒー飲みながらバスを待ってて、スマホいじってたら、気がついた。
大王わさび農場のわさび。
私がこんなにも欲しくて、
こんなにも必死になり
あんなんも全速力で山を駆けのぼり駆けおりてきた、あの、わさび。

インターネット通販で買えるらしい。

嬉しいような・・・。
悲しいような・・・。
どっちでもいいような・・・。

| 長野県(松本・安曇野・乗鞍岳) | 10:17 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT